カテゴリ: ガネーシャの課題

2008/11/15


永続的リンク 18:30:13, カテゴリ: ガネーシャの課題

13.自分が一番苦手なことを人に聞く

これは、前の課題
『自分が一番得意なことを人に聞く』
の逆ですね。

長所と短所は表裏一体。
闇があるから光がある…みたいなことですね。

友人とちょっとした口げんかになった時、
上司からお小言をもらったとき、
あるいは夫婦喧嘩で…、
『お前のそういうところがダメなんだよ!』とか、
『あんたのそういうところは戴けない!』
みたいなこと言われないですか?

こちらが聞いたわけではないですが、
こういう事ですよね、客観的に自分の短所を知るって…。
あらたまって聞いても、多分オブラートに包まれたような答えしか返ってこないような。

2008/11/09


永続的リンク 16:26:44, カテゴリ: ガネーシャの課題

12.自分が一番得意なことを人に聞く

『強みの上に築け』
自分の得意なことを徹底的に伸ばしていくことが成功につながる。
ピーター・ドラッカーの言葉だそうです。

自分の得意とするものを見つけて、それを極めて社会に貢献する。
自分の得意分野を見つけることは、ある意味義務だと・・・。

で、その自分の仕事が価値を生んでいるのかどうか、
見極めるのはお客さん。即ち自分以外の誰かなんです、
だから人に聞いてみるんですね。
私の得意な事って何でしょう?って。

これ、難しくないですか。
『なんか悩んでいるの?』
とか
『転職考えてるのか?』
とか言われそうで、なかなか聞けませんね。

ふとした時に
『パソコンの事ならあいつに聞けって言われて来ました』
と、私にパソコントラブルの解決を求めてきた同僚がいました。
大して詳しいわけではないんですけどね。
でも、そうやって頼られるのも嫌な気はしませんね。
次はもっとしっかり答えられように、自分もスキルを高める努力をしたりしますから。

2008/10/22


永続的リンク 18:47:20, カテゴリ: ガネーシャの課題

11.毎朝、前進鏡を見て身なりを整える

我が家の玄関には姿見があります。
壁に張り付いて…。

で、一応外に出る前にそこの前でチェックしますね。
ネクタイが曲がってないか…とか、
ひげの剃り残しが無いか…とか、
簡単にですけど、一通り確認してから外に出ます。

だから気になります、他人の身なりが…。
ズボンやシャツがヨレヨレだったり、頭がボサボサだったり。

人は外見じゃないよ…は、外見がちゃんとしている上での話。
先ずは、外見でおおよその判断をされてしまいます。

『人はその制服の通りの人間になる』
ナポレオン・ボナパルト君の言葉だそうで…。
確かに、制服を着る職業の人でおかしな人って見かけませんね。

私は昔、都市銀行系のシステム開発の会社に勤めていました。
銀行ですから、男は普通にスーツにネクタイですが、女性は制服があって…。
それで、同期入社の女性が上司に意見したことがあるんです。
『何で女だけ制服なんですか?』と。
で、その上司の返答は
『女は社内でお茶を出したりコピー取ったりするから』でした。
要するに、なにかあって自分の服を汚す事がないようにって事なんですが…。
今のように、男女雇用機会均等とか男女平等とか…
言われていない時代だから、それでも良かったんですが。
今の時代だったら完全に時代錯誤扱いされてしまうのでしょうか?
でも職場では、特にお客様を迎える時など、
女性は制服の方が気品があって良いと思います。

2008/10/12


永続的リンク 09:55:40, カテゴリ: ガネーシャの課題

10.決めた事を続けるための環境を作る

テレビを見ない…
本を一ヶ月に5冊読もう…
タバコをやめよう…
自分の心に、誘惑に負けない強い意志をつけるために、
または自分を磨くために…?、
そんな漠然とした誓いを立てたことはありませんか?
私は、たくさんありますよ。
で、長続きしないんですよね、。
「もうこれはいいかなぁ…」みたいな感じになっちゃって。
なにか、これをやろう!と決め、
目標に向かって努力している自分を想像して、
気持ちよくなっているだけなんですね、これって。

何かを続けていくためには、心に誓っただけではダメなんですね。
テレビを見ないと決めたなら、テレビを手元から排除する(捨てる)。
最低でもコンセントは抜く…とか。

話が少しそれるかも知れませんが、ここ2年ぐらい続けていることがあります。
出かけるのに、極力自家用車を使わないで、電車バスを利用しているって事。
なんだそりゃ!っと、思う無かれ。
横浜でも公共交通の脆弱な地域にあって、
自営業なので日常的に電車バスを利用する環境にはないんです、私。
だから電車バスを利用するのは、非効率なんですね。

ここ2~3年の飲酒運転の罰則強化で意識的に運転するようになったのと、
地球温暖化の問題でマイカー利用を控えようとの社会的な動きが大きくなったのと、
トドメはガソリン代の高騰です。
これだけいろんな事があると、車に乗るのも考えちゃいますよね。

これは、決めたことを続けるための環境を作った…のとは逆で、
環境の変化が決めたことを続けさせている…ということになりますか。

いずれにしても、意志の力だけで何かを続けられるほど、
人の心は強くない…ということです。
そうせざるを得ない状況(環境)を作る(作ってもらう)ようにしないと。

禁煙を誓ったあなた、まさかタスポなんか作ってないですよね。

私は一六社の地域ホームページオーナー・ネット広告代理店に加盟して、
1年半ほど経ちました。
販売(営業)に動ける環境が、やっとですが整いつつあります。
自社の販売促進、PRに、ネット広告を利用してみませんか?
きっとお役に立てる、良い提案をさせていただきます。

お問い合わせは こちら まで。お気軽にどうぞ。

2008/10/01


永続的リンク 22:19:38, カテゴリ: ガネーシャの課題

9.一日何かをやめてみる

何かを手に入れるには、相応の代償を払う必要がある。

自分を変えるために…
今までとは違う人生を歩むために…
何か新しいことを始めるっていうのは、
よく聞くありがちな話ですね。
で、大体続かないんですけど…。

時間はすべての人に平等に与えられていて、
皆その器の中で生きているんですね。
だから、何か新しい事を始めるためには、
何かをやめて、その新しい何かが入り込める余地を作らなければ…、
って事ですね。

日記をつけてみたり、
朝のジョギング、
超大作プラモデルを手がけてみたり…
なんていう趣味のレベルから、
独学で投資の勉強したり、
ホームページを作ってみたり、
起業を考えてみたり…
なんてちょっと高度な事まで色々と、
手を付けては続かず、挫折感だけが残り、
また手を付けては…、と
結構時間とお金を浪費してきました。
時間がなくて…、が言い訳です。

まず何かをやめてみる。
単純ですが目からウロコでしたよ。
一日の生活パターン、行動パターンを注意深く見てみると、
どうでもいいことって結構あるんですよね。

何となくパソコンいじってる…なんて、私には耳の痛い話です。
朝起きたら、先ずPCの電源ON。
メールチェック
ブログチェック
これは良しとしても、日中も手持ちぶさたになるとマウスをクリクリと…。
何調べるでもなく、何となくサーフィンしてるんです。
あと、携帯いじくったり…。
中毒みたいなモンですね。

そういうどうでもいい事に費やしている時間を掻き集めるだけでも、
結構な時間が捻出できるんですね。
で、自分が本当にやりたい事をする時間にそれを使うんです。

やりたいことが無くても、一日の中で何かをやめてみると、
自分がやりたいこと、すべき事が見えてくるものですよ。

<< 前のページ :: 次のページ >>

プロフィール

地域ホームページ港北ニュータウンの管理人です。 地域情報や、日々感じたことを綴って行きたいと思います。

<< 前のページ :: 次のページ >>

カレンダー

2018年5月
<< <     
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活ブログへ



最近の記事

カテゴリー
最近のコメント
検索

リンクブログ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

★16NAVIタウン横浜都筑区 16NAVIタウン横浜都筑区 ★地域ホームページ  地域ホームページ港北ニュータウン
<トップへ戻る> ネットチラシのお申し込みはこちら



★新刊案内
★今日の新刊
★今週の新刊
★今月の新刊
FC・代理店募集
独立・起業・開業・新規事業支援ネット「一六社」 ネット広告代理店募集 地域ホームページオーナーさん募集
おまかせシリーズ
ホームページ制作ならおまかせ ネット広告ならおまかせ
いろいろ
配信XML

RSSとは?

オンラインユーザ一覧